外波山文明ひとり芝居「四畳半襖の下張り」

    

「・・・夢だよ、夢。 過ぎちまえば、みーんな夢だ。 

   ・・・・・丁度、あの事と同んじだなァ。 昇りつめちまえば、それっきりだ。

     ・・後にャなーンにもありゃあしねえ。」

椿組2018番外公演

外波山文明ひとり芝居

「四畳半襖の下張り」

金阜山人・戯作、原田励・脚色

■2018年12月5日(水)〜9日(日)6ステージ

■劇場:新宿3丁目シアターPOO (新宿区新宿3-35-5守ビル3階03-3341-8992)

地図http://www.poo.co.jp/map.html (新宿東南口・階段下徒歩3分)

当日お問合せ:椿組080-5464-1350 tubakigumi.1350@ezweb.ne.jp

■木戸銭:4000円(ワンドリンク付き)日時指定 全て当日精算

予約

1)椿組:tubakigumi@nifty.com

2)こりっち予約

PC :https://ticket.corich.jp/stage/admin/login.php?id=94998

携帯:http://ticket.corich.jp/stage/admin/login.php?id=94998

[チケット発売日:11月1日(木)13時より]

 

12月5日(水)19:30

12月6日(木)19:30

12月7日(金)19:30

12月8日(土)15:00/19:30

12月9日(日)17:00

(開場30分前)

スタッフ

椿組:田渕正博/木下藤次郎/鳥越勇作/趙徳安/井上カオリ/岡村多加江/浜野まどか/瀬山英里子/山中淳恵/長嶺安奈/今井夢子

チラシ宣伝美術:外波山美里/チラシイラスト:黒田征太郎/ HPデザイン:福原望

協力:小島邦彦(シアターPOO・劇団世界劇場)/清水直子/新宿ゴールデン街・クラクラ/(有)J,CLIP

 

戦後間もない東京近郊。雑誌の記者に向かって話す老人の口から出た言葉は、記者も思わず赤面するような、赤裸々なセックスの体験談だった。

老人がまだ30前の若かりし頃、第一次世界大戦の軍需景気に沸き返る東京でのお話し。夜毎、新橋へ繰り出しての芸者遊び。その中の”袖子”という売れっ子芸者との一夜の情事。あの手この手の攻め合いをエンエンと語る老人の中に、人間の業と輝きをみる記者。

 

これは「大人の夢物語」です!!

 

 

外波山文明ひとり芝居。33年前の初演から続けているライフワーク。久しぶりの東京公演。230回以上の公演回数を重ね円熟の域に入った艶話し。お楽しみに!!

 

★日時によって椿組メンバーの朗読など追加イベントがあります。

★ワンドリンク付きです。会場は普段は飲み屋でもあり、終演後そのまま飲み会突入の可能性もあります。(参加自由)

 外波山文明(とばやまぶんめい)

1947年信州南木曽出身。71歳。20歳から演劇を始め1971年「はみだし劇場」旗揚げ。全国放浪やシルクロードなどで街頭劇や野外劇、テント芝居を仕掛ける。中上健次、立松和平らに脚本依頼して上演も。その後「椿組」と改名。毎年夏の花園神社野外劇は33年目になり新宿の風物詩となる。

  • 椿組花園野外劇:「廃墟の鯨」「贋・四谷怪談」「ドドンコ、ドドンコ、鬼が来た!」「天守物語」●下北沢ザ,スズナリ公演:「始まりのアンティゴネ」「星の塵屑ペラゴロリ」08年春「毒おんな」小泉今日子出演で話題に。●他劇団公演:水瓜糖「レバア」龍昇企画「甘い傷」
  • 映画「テルマエ・ロマエ」「凶悪」「甥の一生」「必死剣・鳥刺し」「世界を変えなかった不確かな罪」など。
  • アニメの声やテレビドラマ:「相棒」WOWWOWドラマ「獄の棘」、CMサントリー伊右衛門(お茶の言葉篇)YouTubeで観る
  • (第一生命)http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/public/tv_cm/index.html
    ジャスト「ジャストフィットなDAIGO」篇

    など多方面で活躍中。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です